戻る

次





2020年のお神籤



自分にとっては本厄の年になる。厄にも内から出ずる厄と外から来る厄の両方がある。外から来る禍(わざわい)は想定外なものが多い。なぜか恨みを買って生き霊が来ているせいか中途覚醒が酷かった。神道の先生に教わった結界?を張るやつすると毎回一瞬で楽になった。結界があんなに効いたことはない。
でも先生が最近死にかけたけどその際神仏から警告がなかったので、先生は自分に必要だからその体験をさせていただけたと判断していた。自分はコロナ禍のお蔭でお寺のマニピュレーターから距離を置けて、多少はよい状態が保てていると思いきや別のところからくる。それは自分に必要な事なのかもしれない。
10月時点で6枚中4枚が大吉だった(66.7%)。サンプルが足りないがおみくじを見る限り運気はそう悪くない。町内の厄年会で氏神様にご奉仕をさせていただいたことや、24歳の後厄がヤバ過ぎたことから今回はお経等で防波線張っといたのが効しているのかもしれない。体調は悪いけど。
お経は般若心経換算で1470巻唱えた。かなり少ない。でも2019年1月から先生とmixiとつながってて、先生はいつも門下生にいろんな助言をしている。お経は闇雲に唱えても意味がないともよく言われるので、数は少ないけど闇雲には唱えていない。今まで脳筋のパワーゲームでやってきたけど、どうせやるなら感謝の念を養いつつやったほうがいいと思った。勉強する時間も限りなく短いほうが好み。唱える時間も同じ功徳量?なら回数も少なく短いほうがいい。座りっぱなしは短命になるし、時間は無駄にできないからね。
2020年9月現在、通算135枚中50枚が大吉(37%)。大吉は公称で14-18%なので、異常値の高さになるけど、自分はダメ人間なので神様仏様も甘いんだと思う(水米塩を取り替えてお経と祝詞を唱えている時期は)。それと自分は参詣者レベルなので…。自分の先生も、師匠-門下生という師弟関係になると厳しい。でも門下生の方々は幸せですよ。
参詣者の立場で大吉率の低い人は自分の霊性に甘いのかもしれない。世慣れしていて言うほど苦労していないとか、『常識』に囚われていて自他各々の創造性を潰しているとか。(中には理不尽な境遇に打ちひしがれている人もいると思うけれど)自分よりも自分の霊性に厳しくない人や現実が見えてない人に、皮肉を言われたり何かを言い聞かせられたりされたくないね(サイコパスの場合むしろそこで論理性を超えた攻撃をしかけてくるが)。でもそんな悪感情も『感謝』の念で相殺出来るらしいのでがんばろう。この文章を読んで毒された人もがんばってね(無責任)





不乗森神社




2020-3-26
安城市の不乗森神社
「見ざる 言わざる 聞かざる」
狛犬のかわりに猿がいるかわいい神社

こんな小さな神社だけど大祭はたくさんの人が訪れる
先日は地元の中学生男子3人がおみくじを引いていた
うちひとりが大吉だった
その子は荷物を置くとき「置かせていただきます」とつぶやいた










水に浸すと文字があぶりだされる


おみくじの吉凶はインターバルが長いと連続・起伏しない
連続・起伏していたとしても一周回ってそうなっている具合だと思う
本当は30日おきに引くと良い







不乗森神社
のらずのもりじんじゃ










2020-4-4
みつばち





宗教の理解力について
「宗教の理解」に関しては「音楽の理解」と似ていると思う。音楽を楽しめる人は宗教にもやりがいを感じられる傾向にあるはず。音楽の楽しみ方はジャンルや個人個人によって異なると思うが、宗教を理解できない人は果たして音楽を理解できるのだろうか{私怨があるとか、ファンタジーを受け入れられないとか (潔癖症?)、自分以外に神が存在することを認めたくないなどの個人的理由を除く}。そして音楽を理解できない人は果たして宗教を理解できるのだろうか。相関関係はあると思う。もっともらしいことを吹聴する言葉巧みな人は、言葉では理解している風だが、霊性ではどこまでわかってるんだろう。霊性でわかる人を「いるよね、霊能者みたいな人」と吹聴して回るんだろうな。サイコパスは扁桃体の「活動具合」が普通の人とは異質とのこと。








大縣神社



2020年07月24日
恋愛みくじ
大吉





池鯉鮒大明神



2020年07月31日
大吉
ときくれば枯木とみえしやまかげの
さくらも花のさきにおいつゝ





香嵐渓 足助八幡宮



2020年08月10日
末吉
甥っ子も末吉

自分のおみくじは
「苦しみがあるうえに屈辱を受ける
しかもそれから逃れられない
来年の春までは」

という内容

甥っ子と一緒に引いたことに価値がある

来年3月までは逃れられない
そう割り切って新しいものを会得しよう





「ここに置いておくと●〇さんがいるんですよね」(=盗まれる可能性があるんですよね)というのは典型的な印象操作。ソシオパスも、ガスライティングをするような人格異常者も、わりと見た目普通の雰囲気なので見抜かれていない。よくやっている。
犯罪心理学を専門にしている人が、「犯罪者とそうでない人の脳みその構造が近似しすぎていて困惑することがないですか?」と質問されると、「結局、人間はすべての人が異常なので、それを隠せるか隠し通せないかの違いでしかないんですよ」と達観していた。






猿投神社



2020年08月30日
大吉
冬かれて休みしときに...
騒がず時を待ちなさい

また同じような内容
甥っ子は中吉
いつも連動する



攻撃性と内的現実の相対化についての一考察』 津田尚子(2018)の「攻撃性とそのルーツ:発達段階とその表われ」の表に下記の観測がある。
幼児期には周囲は「攻撃性を否定しない」「攻撃性を否定すると、子どもを感傷的な状態にする」(ちょっとしたことに対しても勝負や権限にこだわり敏感に反応する)。大人や老人の世界にも勝負や権限にこだわり敏感に反応する人にやたら遭遇しまくるんだが・・・そのルーツは幼少期の周囲の受け止め方にあるのかもしれない。





熱田神宮



2020年09月19日
熱田神宮では久しぶりの大吉






七五三のときの写真(1983)
鳩追いかけてたのむっちゃ覚えてるわ
ちなみに熱田神宮に自分の名前をつけてもらった
熱田神宮のおみくじが一番信用できる
逸脱したことを言わない
次は熱田神宮に相談しようかな








退会について
宗教団体やボランティアをやめるとき、「後釜を作ってからでないとやめてはならない」というのが暗黙の了解にあり、そんなのは社会の常識だと言われる。なので知恵袋にそういうものなのか質問を投げかけてみたら、六件の回答があり、すべてNegativeだった。このネットの連中は「まだ至ってない」んでしょうか。
仕事では「辞めるときは一ヶ月前までに言ってください」と言われる。でも宗教団体では何も言われずいつの間にか論点先取で後釜を作ることが暗黙の了解なので、「ここまで成長をさせていただいたのに仏様に申し訳ない」「後釜を作らずに辞める人は子孫を繋げず...」と信者に因縁ふっかけられる。罪悪感で囲い込み、やめたら『裏切り者のユダ』。その人の家での勉強会(ショートメールの誘い)を断れば次の日ポストに同志会だよりと一緒にハガキが入れられていた。昨日「残念です」との反応はあったが。そのご丁寧なハガキは入念に奥さんの?字で「本日副住職様が午後6時より○○宅で勉強会です。お出かけ下さい」と書かれていた。自宅に「お出かけ下さい」という丁寧語は正しいか調べたらやはりおかしいらしい。ぜひ外に出かけて下さいという意味合いになるようだ。裏表のある人間だからわざとかもしれない。過去にいくらでもある。ショートメールも急に呼び捨てで「お元気でしょうか。有馬の家のポストに同志会だよりを入れておきました」となる。前回も断ったとき同じ事をされている。玄関のチャイムが鳴ったので父親が向かうと、「なんだアイツ!!」と言っていた。その反応も前回と同じ。父親の「はい今いきまーす」という声が家の中から聞こえたからポストに投函して逃げるように去ったのだろう。不審者でしかない。ちょうど父親の車は弟が乗って行ってたから想定外だったのだろうな。同志会だよりを届けに来た名目で、家に俺がいたら何を言ってやろうとしているのだろう。父親の車が駐車場にあればチャイムは鳴らさなかったのだろう。2013年には「毎日車が止まってるかチェックしているよ」「有馬くんの家の前の道を通って帰ってるから」と電話で言われた事がある。つきまとい行為。旧国道を通らない方が近道なのにわざわざ迂回して帰っている。ストーカー行為等の規制等に関する法律に反する。でも刑務所に入れられても直らないから延々と繰り返される。次の大祭ではあとをつけてきて「この前の勉強会、禅師様のお話すごくよかったですよ」とドスの効いた声で言って去っていった。すごくよかった話というのは笑える話のことだろうか。5年前は独身差別のお話が用意されていたが。禅師様も人間だから結婚すると意見が変わった。そこにつけ込まれて言い聞かせたい事を言わせている風。法の栄えるところ魔多し。相手を苦しめるために宗教の教えが利用されている。家に帰ると寝ようとしたときにケラケラしたゴブリンめいたものが見えてくる。愉快で仕方ないんだろう。2週間ぐらい苦しんだ記憶があり今でも書き出すと止まらない。もし同志会やめたらその近所のモラハラ信者に何を仕込まれるだろう。統一教会を離れたときは雑霊現象(自作自演)があった。不浄な霊性の溜まり場だから。信者にとってはオカルト的な理由付けにより正当化される事だろうが。でも統一教会で苦しんだお陰で先生に出会えたから感謝しないといけない。せっかく会えたから愛知に帰って来なければよかった。その一畑に行って鬱状態になったときに先生に診てもらったら「プラーナが傷つけられている」と言われると思う。統一教会のときはそう言われた。人の霊性を傷つける宗教団体に存在価値ってあるんでしょうかね。
しかし統一教会は勉強になった。先生が言うには「そういう世界もあるんだぞ」とわざと神様はそういう世界を見せることがあるとのことだった。統一教会にご縁が出来たのも自業自得だったと思う。先生のところに毎週通いつめていたのが懐かしい。先生にプラーナを修正されていつも身軽になった。死にかけていた時は般若心経を唱えてくれて、笑みがこぼれた。読者の方で興味がある人いたら喜んで連れて行きますよ(今は門下生が増えすぎて二ヶ月待ちらしいが)。





雑霊の自作自演
天罰と言われるもののほとんどは願望とか雑霊の自作自演に思える。仏様を毀損したら無間地獄に落ちるという信仰(願望)があり、裏切り者のユダにたいしては何をしても良いという暗黙の了解があるので。
でもお釈迦様は「あくどい人とのご縁は成長に繋がる」と教えていた。その雑霊らは、自分たちの信仰する神様仏様の 意 に 背 い て「言いつけを守らないからこういう風に地獄に落ちるんだぞ」と、離反行為により自らが無間地獄に落ちるという自己犠牲で以て現象を教えてくれているので感謝しないといけない。その現象によりまたなにか感謝が足りなかっただとか気に障る反応をしたのだなと自覚できる。
仏様は人間が気づくまで待っているからなにもしてくれない。その雑霊等は待てないので神仏の理に反して罪を働き、その因果で人間以下の霊性になり自ら苦しむという身代わり地蔵になって修業してくれている。その自己犠牲を以て気づかされた事を後生大事にしなくては。






アルボムッレ・スマナサーラの本を
Amazon Kindle サンプルで読んだ
悪感情は勝手にたまってゆくけど
善感情は努力をしなければたまらない
悪感情をため込んだら、その毒素は
清い心や善行で相殺できると書いてあった
霊性が上がる感覚がして温かい本だった
タイムラインで毒を吐きまくっていても
一瞬気分が晴れるだけである
毒が相殺されていない

ただ武田友紀著の「繊細さん」の本には
HSPの人はSNSと相性が良いと書いてある
ためこまず自分のためにつぶやく必要があるとのこと
その昔は月が落下してこないか等の杞憂があったし
現代にも1000年後から見て杞憂になることが多い
噂話も事実は20%で宗教的な印象操作が80%
本当のことを書かないと勝手な印象をもたれる
それが浮世の常
勝手な印象をもたれるくらいなら
人間性を疑われる方を選択しても良い

内向型の人と外向型の人は脳の構造が異なる
外向型の人が「承認欲求」だと判断するシーンも
内向型やHSPの人は自分のためにしている事が多々ある
HSPの人は、GNPに何も寄与しない無駄なことを書いている
そんな自分を許すことから始めないといけないらしい
(それはもしかしたらマニピュレーター的な霊性に
すでに捕まっているからかもしれない
支配する者は、タゲが意志を持っていると許せなくなる
だから無意識のうちに許しを請うのであろう)

「他人に教える」と学習定着率が高いらしい
アメリカ国立訓練研究所が発表した
「ラーニングピラミッド」によると
講義:5パーセント
読書:10パーセント
視聴覚:20パーセント
本物を見せる・実験:30パーセント
グループ討議:50パーセント
体験・経験:75パーセント
他人に教える:90パーセント
という結果になった
アウトプットをすることで視点が切り替わり
「わかったつもり」を再確認することができるとのこと
人に教えているのを見られて不愉快な感情を買って
間接攻撃を受けるという負の側面はあるが
自分のために教えるのであれば仕方ない側面だ






戻る

次