Lagoon
2007.7 これを見つけて魅入った
このときからWiNDyへの情熱が復活
ヤフオクに多くの転売人がいて熱気を感じた










WiNDy Altium Suoer X ユーロブルー
WiNDy Altium Super X
EUROBLUE





本当に深い色でした。カメラでは収められない。
これが一番深いブルーをしていた
ブルーの金属ってだけでもう・・・





売るんじゃなかった。







ボディー右側面(マザーボードを取り付ける面の裏)
右側の姿はあまり知られていない







WiNDies



Archive





JAZZ LV+
2003年ごろの製品
星野金属







昔のJAZZと昔の電源

星野金属のWiNDy Jazzのホームページを一人暮らしで眺めてた思い出がある。
でも高嶺の花だった。星野金属が一番品質がよかった時期のようでしっかりした造りをしている。
でも不渡り後にSOLDAMで復活したWiNDyも悪くなく、デザインがシンプルに洗練されて、
アルマイト処理の色合いが深くなっている。
Mediterraneanの限定モデルを購入して、あれから二年も経過するのに未だに中身あけるとうっとりしてる。
ずっと一人でいたほうが、あとで恋をしたとき一途でいられるように。
D-MADEになってからは色ムラはなくなったが色調はあっさりとし、凡庸で普遍的になった。
レーザーで加工するようになってから以降は実物を見たことがないので色調の深みについてはわからない。






JAZZ LV Plus Ω
前面板は光沢仕上げ
黒い部分は編み編みのデザインでこだわりがある
星野金属の最終バージョン






ALTIUM S8 U38ATX
ブルーマイカ












ALCADIA XR-3 DP SPECIAL

限定11台、うち自社保管1台
一台一台丁寧にベンチレーションチューニングされている
星野金属にハマッた当初にこれがあって魅了されてた
でも二ヵ月後ぐらいにOUTLETで安売りされていた
即完売してた。もっと高く出してくれても売れたのに。悔しかった。
不渡りで大変なのかな



DP Specialは買えなかったけどXR-3 DPは手に入れた



ALCADIA XR-3 DP
液晶のモニタで閲覧するとこの画像の色合いが褪色した感じに映える
このホームページを作った人たちはCRTモニターで作ってたんだろうか
気のせいか
まぁどうでもいいことだった
実物はもっと黒めで光に反映したところが深い紫できれい












そして、このモデルが発売された
XR-3 DP SPECIALのあとにこれだから
あの当時の星野金属は楽しかったなぁ
見てるだけで飽きない







FC500 POWER MUSCLE Mediterranean
限定30台生産
残り14台で購入した
残り12台ぐらいの時に消えてしまった
なぜ待たないのかよくわからないけど、ギリギリ買えてよかった
もっといいモデルが発売されるのではないか..
すぐにアウトレットになるのではないか...
そう時宜を読んでいた
買い逃すところだった


Mediterranean



裸にするとこんな感じです








ZR2000 Mediterranean
Mediterraneanは外装がWPMで内装がブルーアルマイト
このWPM(ホワイトパールマイカ)とDP(ディープパープル)はコーティング仕上げ
アルマイト仕上げのようなソリッド感はないが塗装としては美しい
高級な塗装で、アルマイトより若干高くなる






FC500 Mediterranean EXTRA HYBRID
ステンレス素材を用いたエキストラハイブリッドでは、
鏡面とブルーアルマイトの調和が良かった。偶然の産物かな
PCI EXHAUSTが付属していないので、その分価格は安かった



WinDy ZR1000
ステンレスとアルミニウムの入射率




DUAL PCI EXHAUST ブルーアルマイト
DUAL PCI EXHAUST
大体8000円ぐらいだった








FC500 POWER MUSCLEのBlack Knightモデル
あのころのWiNDyには思い出があるな
次から次へと喉から手が出るケースが出てきていた
でもPCはふつう、1台なのだ。その1台に何を使うか、が問題。
だからなんどもリニューアルして特別感を出そうとしていたのかな。
なんども限定発売して、最終処分を繰り返す。









FC500 Extra Hybrid TSUNAMI


フルアルマイトの名称
Black Knight(ブラック:レッド)
Fireball(レッド:レッド)
Lagoon(シルバー:ブルー)
TSUNAMI(ブルー:ブルー)






ZR2000 DP








ALCADIA ZR2000 LAGOON
夏のキャンペーンで1名、プレゼントだった
これに名前が刻印される
至高の宝物









Black Knight = 黒の外装と赤の内装
SUPER X Black Knight










FSR2000



WiNDyは便利である
前面のカバーはアタッチメントで取り外しが容易

光学ドライブがベイリーフのサイズに合わない場合
[IMG] こんな感じにドライブを外に出して使うことになるのだけど
その色のマッチが嫌な場合、カバーの中に入れて使う事も可能
まぁ、いちいち取り外しが面倒ではあるのですが

SUPER XとFC500は同サイズでアタッチメントも同じ位置なので
数種類購入すればコーディネートもできる.
Solid BlackのカバーをTSUNAMIに装備したり、
TSUNAMIの前面にはシルバーを着せるなど。
側面と天板のみは現行のFSR2000のものでもはまる。



ちなみに、インシュレーターはオーディオにも使える










LAZY! OH YOU CLAZY・・・・
LAZY(ゴールド:レッド)
BLACKDOG(ブラック:ゴールド)
ゴールドは中間色になるのでアルマイト処理が難しいらしい
国産オーディオでもゴールドは主流になるけど、結構コストはかかってるのだな
ただ、このゴールドとレッドのコンビはエグい。



[img]
ブラックとブルーとか
ブルーとゴールドなら合うけど…








2007年の夏のモデル







VR2000 Mirage







JAZZ Mirage









鏡面ステンレスのFC500 Mirage
オーディオでいうとAuraのVA-40とかVA-80時代の仕上げ
ミラーになっているのでどんな色の周囲とも調和しやすい






Mirage。若干曇りやすかったけど質感よかった










FC500
FC500をツートーンにしたデザイン
フルアルマイトで外装と内装は色が分かれていても
蓋をすればモノトーンなので
こういうデザインが出されたのだと思う
シルバーとブルーはLagoonの調和
これは鏡面とブルーなので何になるのだろう





VR2000では二色のバージョンも作成されていた
でも案の定、すぐにラインナップから消える








ベイリーフをツートーンにするとかっこいい






Alferya
2007年の秋モデルAUTUMN BLOWはかっこよかった
ブラウン&内装がゴールドだった
画像は保存し損ねた
いつの間にかサイトのラインナップから消えてる







SAFRAAN
SAFFRAAN
これを購入した

ベイリーフを取り付ける際に六角レンチでアクリルの板を外すのだけど
アクリルが透明なので、背面の黒の板との隙間に埃が侵入すると気になって仕方ない
指紋等もなかなか防ぎようがないので困った

IMG


SAFFRAAN
WPM
色つきのアクリルにしておけばよかりけり






SAFFRAAN







SAFFRAAN
この色も良い









D-MADEとなり発売されたスパークリングモデル
アルマイト処理されたアルミにコーティングを施した製品
アルマイトのソリッド感を残しながら光沢感を引き出している
中間色では色ムラが出るため、以前は技術的に困難だったもよう
価格は3000円ほどUP





一時的に造っていたブラックスティール
金属の値上がりでフルアルミは高額になるため
スティール素材に着色して対応
価格は3000円ほどUP







VR2000 EURO BLUE
D-MADEのブルー







STAJA THAPSODY






ZR1000 EXTRA HYBRID
[IMG] 裏から見ると鏡面になってる






ALTIUM VR2000GMB Mediterranean








ゴールドとブラックのJAZZ
ゴールドはまだ見たことないけど、美しいんだろうか
JAZZはやっぱりBlack Knightが好きだった








OLIEON EUROBLUE












OLIEON SLIMSURE Deep Purple E











ALTIUM VR2000GMB i
2009年にはこんな細部のパーツまでブルーに塗りつくしてるVersionが登場してた
たしかにホワイト塗装の場合ビスが銀色では嫌だった
こうしてくれると最高だね











ALCADIA FX2000R DEEP PURPLE BURN/E
DPのフルアルマイトバージョン
やっぱり内装はDP SPECIALのパープルにはかなわないな










OLIEON PS400 i
外装のみで3色堪能できる








MC3 FX









Jazz Crossroad (Chemical Polishing Silver)
化学研磨アルマイトで処理。S-Silverと比べ一層の輝きを放ちます。
アルミ素材の高級感を極限まで引き出しました。とのこと。
Jazz Crossroadの形状はJazz 2007と大きくは変わらず。
2007で完成していたな。







Jazz Crossroad (Black Knight)








ALTIUM VR2000 GMB II Mediterranean
なんと外装のみで3色が混在してる
WPMは一色のみが良いところあるけど[FC500]
印象のトータルとしては向上してると思う






ALTIUM VR2000 GMB II
2009.5に念願のBlack Knightを購入したけど
レッドのアルマイトの色調が浅くて変な色だった。
VR2000のGMBiはレッドが使われるのは内装だからいいけど
GMBIIは外装もあるから心配だな。綺麗に作れるのだろうか。
2007年の11月あたりにはFireballを積極的に売り出していた印象があったので
その当時のものは赤の色調がよかったのだろうが、
取引先もコロコロ変わるので恐らくビビッドな時と褪色してる時がある。
ZR2000の青は限定30のMediterraneanの時より色があっさりしてた。
でもカッコイいことはかっこよかった。GERMAN12







ALTIUM FSR1000 SOUND OF SILENCE NATIVE
アルミの素材のもつネイティブな輝きを保持するクリア塗装
自然に触れたい場合はこれがいいなぁ





ALCADIA FX2000R4 JV SML-E
SML (SWORD METALLIC LUSTER)






三色の配色をするようになった







GGM
ALFEEL-HGII ABM
ABM (Aegean Blue Mica)






ALFEEL-HGII GRM
(2008年)










ALTIUM FSR3000 SOUND OF SILENCE ABM
このトールボーイ型は最近見ないけど
初めて見たときはなんか興奮した
2011年頃?








ALTIUM VR2000GMBII ABM-E








ALTIUM FSR2000 SUPER TRIGGER ABM-E
レーザー加工で細々とした細工が楽になったのだろうけど
中がすけすけなのが気になる






Shanghai 300 S-Black
上海なんてモデルが出たのね





Shanghai 300III ABM-E
Shanghai 300III CRM-E
レーザー加工で丸い穴も自在






AlferyaII CRM
AlferyaII CRM
CRM (Caribbean Red Mica)





ALCYON AIR HAMMER X DX1100
ALCYON AIR HAMMER X DX1100
まったく新しい設計で電源は下に来る
電源ケーブルの取り回しを考えたら合理的






ALCYON AIR HAMMER X DX1100
ALCYON AIR HAMMER X DX1100
デザインは好き嫌いが出そう







FF600 LONDON BOOTS BL HAND NUT
FF600 LONDON BOOTS Alumi Natural Finish
ロンドンブーツという名の、背の高いインシュレーター










AFAS VAIDAS 自分の愛機
ALTIUM VR2000 GMBi Black Knight