Mouse & Keyboards





   ELECOM M-LS3URGD


ELECOM M-LS3URGD
ボタンの感触がしっとり、こちこち
いつかパソコンが完成した日のため しまっておいたら
荷物の圧力でボタンの効きが悪くなってしまった









Logicool Performance Optical Mouse G400


Logicool Performance Optical Mouse G400
これは名器のMX518後継機で最もスタンダードなロジクールの型番。ワイヤレスではないから電池交換必要ないし忠実に反応する。机から落ちてもケーブルが命綱になる事もあり故障の度合いが低い。一時期、Marathon Mouse M705rを使っていたけど机から落としたら反応が鈍くなったのでこれに買い換えたのだった。スタンダードで大きめの形状だが、前後は少し平ぺったいかもしれない。この画像のLogicoolのロゴの部分がもっと身長が高く膨らんでいたら丁度良かった。自分はピアノ&野球経験者で手が大きいのでほとんどのマウスは手のひらへの密着度が低く、指が浮いて腱鞘炎みたいになる。G400の場合は左右が丸になっているのも影響あるかもしれない。指が長い人用のマウスがあると良いな。










ELECOM ORIME
人に教えたら「折り紙みたい」らしい。これはnendoというデザイナーオフィスのデザインによるマウスで、エルゴノミックではなさそうだが、富士山みたいに凸部があり、ここに手の体重を乗せられそうだ。でもノーパソ仕様でサイズが小さい。幅81.0×奥行108.0×高さ40.5mm。上のG400はノギスで測ると高さ42mm。一番下のMicrosoftのスタンダード型は高さ43mm。自分の手だと45mmは欲しい。このORIMEのデスクトップ&有線モデルがあったらいいのにな。













KOKUYO / 手の匠
ワイヤレスタイプと、有線タイプあり。この形状、なかなか使い勝手に慣れませんでしたが官能的なフィーリングはあります。白とかシルバーとか赤とかパープルとか色々あり。黄色はちょっとピカチューくさい。







アルミキーボードとフェルトデスクマット KOKUYOのデスクマット。フェルトの素材感がとてもたまらない
WiNDy ALFERIA KEYBOARDと手の匠
シルバーのアルミアルマイト キーボード
鍵盤のタッチはカチカチ。濃厚さとは正反対。
メタリックなコヒーレント特性を感じる。






デスクマットはKOKUYO製
〜インテリア空間を自由に創造できる「SOUZAI」シリーズ
(KOKUYOの上品なフェルトの素材)
ZAIB-MATFR…レッド?
ZAIB-MATFB…ブルー?
ZAIB-MATFS…金茶?
ZAIB-MATFG…草?
ZAIB-MATFRP…葡萄?
ZAIB-MATK…黒?
ノンホルマリン仕様










Silverstone Raven Gaming Mouse SST-RVM01B
83(W)×128(D)×48(H)mm
形状としては理想的。自分はこれくらい大きい方がいい。




シルバーストーンのゲーミングマウス SST-RVM01B

Silverstone Raven Gaming Mouse SST-RVM01B
買った。¥3980
ゲーミングマウスとのことで性能は高いがボタンが多すぎる。[設定なし]にしておけば押しても反応しないけど腑に落ちない。親指の部分のくるくるは回しやすいしボタンも押しやすいけどすぐ回るしすぐ押されてしまう。指の届かない位置に△▼ボタンがあるし。多機能すぎる。このマウスは中指は中心の回転トラックで薬指は右クリックに置くのが基本的な使用方法らしい。そういう風に指を乗せてちょうど良い幅。





SteelSeries Ikari Optical

左利きの人にはSteelSeries Ikari Opticalは良いと思う。









FavlioSLAFVRD


シグマA・P・Oシステム販売:Favlio SLAFVRD
W54xH38xD100 mm





M-M2UP2R


ELECOM / M-M2UP2RBU
W62×D110×H38.2mm





DHARMA / Tactical Mouse


DHARMA / Tactical Mouse
ダーマ タクティカルマウス
W63×D115×H42mm
ゲーム仕様だからかカーソルの速度が俊敏すぎて自分は体感に合わなかった








シグマA・P・Oシステム販売:Elysium
薄型で、キーの深度が浅く、本体に重みもないため、ぱこぱこな感触
かっこいいけど値段相応でした
サントラストのGRAVITY STGRAの感触はよかった。









デスクトップの背景は富士山本宮浅間大社(せんげんたいしゃ):富士宮市

机上にあるキーボードはエナーマックスCAESAR[KB005U-B]というものです。
こちらのキーはパンタグラフキーというもので頑丈そうでコツコツ安定感があります。
マウスはMictosoftのIntelliMouse Explorer B75-00106で色はコバルト・ベイシンというもので、クリムゾン・ファイアと共に光沢感のあるボディーです。画像に惹かれて購入したのですが、このてかてかした塗装は予定圏外でした。練り込まれているようなマーブル調でもなく、単色でした。でもさすがにマイクロソフトは使いやすいです。これを使ってることずっと忘れてました。ボタンの感触は上記のELECOM M-LS3URGDほど心地よくはないけど(カチコチ)、使ってることを忘れさせるスタンダードなマウスだと思います。




Microsoft Intelli Mouse B75-00107

色:クリムゾンファイア
ずっとグレムリン・レッドだと思ってた。この血のような…いや、なんでもない