2011年10月31日の御神籤


上知我麻神社

上知我麻神社:大吉


僕は不幸になるべくしてなっているが
僕の不幸を望んだ人がいたら僕はそれに向かって加速しているので
なるべくしてなった以上の超過分は彼らに還元されますように。
また逆に僕の幸せを願う人がいても僕は幸せにはなりにくいので
彼らの願いを返せない分は不幸を望んでいた人から分け与えて下さい。
努力の不要な方法で今まで充分に笑ってきているのでもうよいでしょう。
僕が幸せになるか不幸になるかは僕が幸せになろうとする努力にかかっているけど
僕が幸せであるか不幸であるかは縁のある全体の幸不幸の平均にかかわっている。
みんなが幸せに向かえるように努力すればみんなの平均は落ちない。
みんなが幸せを祈る方に向かえばみんなの平均はあがる。

などと参道を歩きながら携帯に打っていた。
大吉が出ても幸せではないのでそう考えていた。
熱田神宮の淨化力は強いけどそれ以上に不淨に満ちていた。
この二週間後の2011年11月15日のおみくじも大吉だったけど
多分次の日に引いていたら末吉とかだったと思う。

自分はあの子と結ばれなかった事が寂寥な不幸なので
どれだけいい事があると言われても天邪鬼になる。
この不幸を埋め合わせられるほどの幸福はまだ思い浮かばない。
でも人の不幸は蜜の味だと考えている人を幸福にする事はできる。
たぶんそれは神社仏閣の「お下がり」のようなもので、
人が得るはずだったものを横流しに出来されるからだと思う。
人から機会を奪うことによって自身が生命力を得ている。
まぁ、恋愛などの好事には妨害や霊障が憑きものなので
僕と同一の苦しみを得れば良いと思う。

 

ありねこドクトリン