052007

犬介の食物図鑑


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
   色があるよ

沼津 魚がし鮨 投稿者:月・ピエール 投稿日:2003/04/29(Tue) 22:00 No.179  

地魚盛り合わせ¥2800 (蟹汁やサラダもつく)
あじといかはすごくうまかった。
あとはでかくて分厚いけど感動するほどでもなかった
回転ずしで300円皿×8+α を食べたほうがよかった…
なんて貧乏クサい発想する余裕がある。



Re: 沼津 魚がし鮨 月・ピエール - 2003/10/06(Mon) 01:21 No.200  

海辺の魚市場へ行った。ここのむさしという店はいつも込んでいるらしく前回並んでたらあまりに長いので二階にあがって別のところで食べたのだった、そして思ったのだった

 - - - - 回想 - - - - 

ケンタッキーといえど若鶏に紛れて運良く生き延びてきた老鶏がいてパサパサでまずいフライドチキンに当たることがある・・・疥癬・・・海鮮料理でも、海辺で新鮮だからといって魚の質が低ければそれ以上にはならない。自分は人間だから人間のことは測り切れないけど、人間よりも質的に高度な生命はそれは人間にも当てはまるというだろう、それというのはどんなにうまく料理しても質的に劣る材料からそれ以上の料理は作れないということ。人間は大脳が大きいから料理をされることを嫌う。不条理にも比にならない知能をもつ生命から見たらその程度の苦しみなんやそらと平気で料理をするだろう・・・鶏でも料理するかのように。でも、生きものは発達するほど蛋白の仕組みが高度になってゆく傾向にあるから食べものには向かなくなる。魚のピチピチ感や植物のもっさり感が生物の原初的な姿で、食べものに向いている。結論から述べると、食べ物としてそれらに劣る人間は食べられないから安心していい



Re: 沼津 魚がし鮨 月・ピエール - 2003/10/06(Mon) 01:25 No.201  

ついそんなことを考え込んでしまったんだけど今回はむさしにちゃんと並んだ。同じ魚市場にある店とは思えねぇ、魚の甘みが感じられてうめぇ、魚の質がいいしぶっといし並んだ甲斐あった。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso