casio EXILIM EX-FS10




Casio EX-FS10
(拡大)


外装や触感が素晴らしい。ボディーの質感、ボタンの素材、押し心地、蓋の素材…等々、シックなデザインで、高級感に溢れていて、構築感がよく、細部にまで意識が行き届いている。さすが高級モデル。
操作感は家電って印象。スライドカバー型のFinePixのように触感でわかる操作性ではないし、ハンドグリップもいまいちでひっかかりがない。でも色調もまずまずで、EXILIMの廉価モデルの印象とは違い期待を裏切る画質の良さ。電源ONOFF時のファインダーの開閉音もまたエレクトリカルでかっこいい。

気に入った点
・手にした瞬間からうれしくなれる。外装が美しい。スリム。エクスリム。
・連射した時の操作音がかっこいい。サブマシンガンを放ってるみたい。
・PSoneのゲームの画面が撮れる… モアレが出てこない。
 これじゃないとビヨンド・ザ・ビヨンドの登場人物のパ○ツが写せなかった。あ、見たい方はメールで。

気に入らない点
・再生時にシャッターボタンで撮影モードに入れない(撮影ボタンから入る).
・露出補正までの道のりが長い。露出補正はショートカットキーに登録できない。
・気に入らないほどではないがどちらかというと画質はいまいち。
 QV-3500EXより自然だけどQV-3500EXの方が原始的で サイズによる恩恵があった。





EXILIMケータイは携帯なのに綺麗で空の色も赤も鮮やかだった
このカメラは、カメラなのにノイズは多いし色もいまいち冴えない
どちらの方が高画質なのかわからなくなる
このカメラのほうが高画質のはずなんだけど


 tukipie DigitalCamera インプレ一覧へ