2012年09月14日の御神籤

熱田神宮


氣比神宮の大吉崩れた。

おみくじ引こうかどうか迷っていたら拝殿ですごい引きたくなった。引くべきだと。
大祓の祝詞を唱えてからにしようかと思って唱えたら、急に引きたくなくなった。
この日、受付には新しく赤い鉄板のお神籤筒が用意されてた。
その赤い筒のお御籤は、先に来ていたオタク系の女の子が引いていた。
のぞき見すると「中吉」だった。その子は「チッ」と言ってた。
この日のお神籤は、その赤い筒では引いてない。いつもの木の筒で引いた。
「運気とは移ろいやすいものである。」というお御籤に当たったけど理由は明確だった。






豊受大神宮


大土乃御祖神 おおつちの みおやのかみ
豊受大神宮の土宮
大土乃御祖神
おおつちのみおやのかみ
土の神様


火の神、水の神をちゃんと祀るでござる
われわれ現代人は火や水や大地の恵みに感謝が足りない
火の神、水の神、土の神をしっかりと祀るのだ
無理なら心の中だけでも感謝をしておく…!
伊勢神宮には風の神様も祭られていて(風、火、土、水)
天照大神の荒祭宮と並んで高い位置付けになってます





鳥羽の波止場の空気はすごい清澄で気持ちがよかった。僕の地元にはない空気。
鳥羽の波止場

伊勢の空気はすごい良い空気をしてる。生命感がある。自然の力が宿ってる。
内宮外宮一帯はもう都会化しているので鳥居から出れば普通の街の空気だが、
鳥羽まで行くと生き生きしてる。波止場で海の風を浴びると気持ちがいい。
でも波止場の中は生命感の褪色した普通の空気。そのコントラストが面白かった。
この「うまし国」は 古(いにしえ)の時代にはもっと生命感に深みがあった事だろう。
そのあと船に乗り、菅島の旅館で食べた海苔とかあらめの佃煮は本物の味をしてた。
台風が来ると(この前みたいな強い台風だといけないが)海底がかき回されて、
海水の温度も冷えて、美味しい海苔が取れるようになるらしい。自然界は複雑だ。





海藻あらめ風呂
村田家(南鳥羽)の海藻あらめ風呂





この文体がいかにも効きそう。追い求められている。
水もよいのだろうか実際よく効いた。
風呂の中には網に入ったあらめが沈められている。





       はてなブックマークに追加  Tweet