2011年03月03日の御神籤


熱田神宮

最後の余波か
6回連続


あの子と最後に会えたのは3月1日だった
僕は卒業式の日は三年生はいつもの電車にいない事を知っていた
去年、三年生の肉食系女子の四人組がいなかったから
その子らに最後に会えたのが卒業式前の日で感傷的になった

3月1日はいつもの時間の最後の登校日だった
二週間ぶりの登校日になった
僕はあの子の方には乗らず、一歩離れた位置に立っていた
あまり近くに寄って幻滅された最後を送りたくないから
遠目でいつも見られてた
遠くからいつも探しあっていた
だから最後はいつものとおりの電車でいようとした
でも自然でいられるはずもなかった
あの子も僕も挙動不審だった

卒業の日にうまく渡せるチャンスがあることは
ずっと前から迷いの中に知らされていた事だけど
それを裏切った

あの子は最後、車両を降りようとしなかった
東枇杷島に電車が止まり、生徒はぞろぞろと降りゆく
その日はホームのほうが明るく光っていたな
でもあの子は、ドアが閉まる最後の最後まで
車両の中をしどろもどろして歩いていた
また肩を叩かれるのを待っているのだった
再度車掌さんに降車を促す笛を鳴らされて
あの子はせつなげに降りていった
その最後の姿を僕は永遠に刻むことになった
このあとはもう鬱病の世界になるしかなかった
あれから一年経つけどトラウマになっている





       はてなブックマークに追加  Tweet