RICOH WG-M2



WG-M1との比較】
レスポンス 向上
操作性 向上(でも慣れは必要)
液晶画面 向上(少しきれいになった)
画角 137度⇒204度へ(樽型ゆがみも大きくなった)
外装 コストダウン(プラスチック)
重さ 190g⇒136g
スタミナ バッテリーも小型化でおそらくかなり落ちてる
付属品 コストダウンで粘着マウントなどが省略
ホワイトバランス 屋外かAUTOという合理性
画質 前作のWG-M1はデジタルチックな画質で液晶で見ると青みがかっていたりしていた。綿密にはまだ比較していないけど大きくは変わらないと思う。
総評 大きくてもよければWG-M1でもよいと思います。 WG-M1は旅先でスタミナ不足に陥ることはなかったです。 WG-M2は小型化して平凡になったけど操作性のストレスが減っていて使いやすいです。